第57回 物性若手夏の学校 グループセミナー
TOTAL ACCESS   カウンター
TOP | 代表挨拶 | プログラム | 会場案内 | 参加登録 | 後援・協賛 | 夏学の歴史
講義 | 集中ゼミ | 分科会 | GS | PS | 夏学Tシャツ | スタッフ紹介
アブストラクト | 活動の記録 | 次期スタッフ募集

▌ グループセミナー

GS企画1 GS企画2
GS企画3 GS企画4
■ グループセミナーとは?

グループセミナー(GS)とは、1グループ7, 8人の学生が集まってセミナー形式で自分の研究内容を発表し合うプログラムです。メンバーそれぞれが、自分の研究を発表し合うことで、活発なディスカッションができると期待されます。

班分けのコンセプトは、「分野横断型GS」です。専門的な話が聞けるポスターセッションや分科会とは異なり、異分野の研究の基礎的な話(イントロ的な話)が聞けるメリットがあります。
また、今まで研究室内でしか発表したことがない方でも、どのようにしたら異分野の人に自分の研究をうまく紹介できるかを考えるきっかけもなります。

これは、様々な分野の学生が集まる物性若手夏の学校だからこそ出来る企画です。普段接する機会の少ない他大学・他分野の学生と議論することで、参加者のみなさんには、いつもとは違う世界の広がりを感じ取るような経験を、と期待しています。
このように普段の研究活動では得られないことを、夏の学校で得ることができます。自分の研究内容を異分野の人に説明することは、今後の研究活動・就職活動などでよく出てくるので、GSを大いに役立てましょう。

■ 発表内容について

発表内容は、基本的には自分の研究分野についてです。 分野横断型なので、イントロ的な内容を重視した発表をお願いします。
現代の研究者には、どんな相手にも自分の研究内容をわかりやすく伝えるスキルが求められています。このGSは、自分の研究を専門外の人に説明するという貴重な練習の場にもなると思います。

まだ研究内容が決まっていない方は、今自分が興味を持って勉強していることや、論文の紹介等でもかまいません。「こんな簡単なこと、誰でも知ってるよ。」と自分では思うかもしれませんが、専門外の人にとっては新しい発見があったりします。あまり専門的か一般的かにこだわらずに、気軽に参加してください。

■ 発表時間/形式について

1人当たり20~30分です。形式は「発表」と「質疑応答」となります。GSは、参加者同士の距離の近さが最大の特徴であり、その近さが発表や質問のしやすさにつながります。そこを活かして、GSを盛り上げてくださいね。

■ 用意してほしいもの

レジュメを用意しましょう。 できればグループ全員分のレジュメがあると良いかと思います。
今年は宿泊している部屋でGSを行います。発表の際には、部屋備え付けのディスプレイにパワーポイント等の画面を写し、メンバーそれぞれが画面を見てディスカッションを進める形となります。ディスプレイに、ご自身のパソコンを接続していただく必要がありますので、パソコンはご自身でご用意ください。また、レジュメの工夫次第でパワーポイントを使用せず、レジュメ中心でも発表は可能です。

■ 参加について

GSへの参加は強制ではありませんが、例年夏学参加者はほぼ全員が参加しています。不参加ももちろん可能ですが、GSは友達作りのいいチャンスですので、ぜひ参加してください。
参加登録時にみなさんの専門分野等に関するキーワードを挙げてください。それをもとに、1つのグループに色々な分野の参加者が集まるように準備局でグループ分けを行います。
ご連絡:GSに不参加の場合は、宿泊している部屋で待機していただく事ができません。ご了承お願い致します。

■ チューターに関して

チューターは立候補または準備局からの依頼という形で、各グループ一人ずつ選出します。

■ チューターの主な仕事

グループごとでの交流の促進(メーリングリストを準備局員が作成し、参加登録が終了してからお送りします)や当日の司会進行をお願いします。
参加登録時にチューターの希望をとります。グループ内の意見のとりまとめやセミナーの司会進行というのは、非常に良い経験になると思いますので、興味のある方はぜひ挑戦してみて下さい。 立候補お待ちしております。

▌ メインコンテンツ▌ 各企画▌ 夏の学校▌ 前年度HP
❏ トップページ❏ 講義❏ 夏学の歴史第56回物性若手夏の学校
❏ 代表挨拶❏ 集中ゼミ❏ 後援・協賛第55回物性若手夏の学校
❏ プログラム❏ 分科会❏ 活動の記録第54回物性若手夏の学校
❏ 会場案内❏ グループセミナー❏ スタッフ募集第53回物性若手夏の学校
❏ スタッフ紹介❏ ポスターセッション❏ 参加登録第52回物性若手夏の学校
❏ アブストラクト❏ 夏学Tシャツ第51回物性若手夏の学校

※当サイトにおける全ての文章,画像の権利は第57回物性若手夏の学校準備局に属します. 転載する際にはご一報下さい.
※当サイトはリンクフリーです. リンクしていただく際は,必ずトップページにリンクを貼るようお願いします.