特別講演

企画概要 講演
対象者 基本的に全員
事前提出物 なし
当日準備物 なし

概要

特別講演は第67回にして初の企画です。直近で海外で活躍された経験のある研究者の方をお招きし、講演を行っていただきます。講義や集中ゼミが専門的なトピックであるのに対し、特別講演では「海外で活躍されるまでの経緯」や「日本と海外での研究の仕方の違い」などの非専門的なトピックを含めたお話をしていただきます。

特別講演講師(敬称略)

名前 高三和晃
経歴 2019年3月:京都大学にて博士学位を取得
2019年5月〜2022年3月:カリフォルニア大学バークレー校 特別研究員
2022年4月〜:東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 助教
専門 物性理論

講演内容

特別講演は以下のタイムスケジュールを予定しております。

講演①45分+休憩10分+講演②45分+質疑応答20分

講演①では、高三先生の研究テーマの興味深さ・面白さを話していただきます。物性以外のバックグランドを持つ参加者の方々も気軽に聞ける内容になっています!

講演②では、海外を拠点とした活動に関する事前に用意した質問に回答していただきます。将来的に海外での研究生活に不安を感じている参加者の方々は、海外での活動に関する本音を聞くことで不安解消に繋がるのではないでしょうか?

質疑応答では、参加者側からの質問に対して高三先生に回答していただきます。研究内容に対してでも、海外での活動に対してでも構いません。たくさんの質問お待ちしております!

オンラインにおける実施方法

特別講演は3日目の午後に、Zoomのウェビナー機能を用いて行います。

詳細は後ほどこのサイト、メールまたは参加者用Slackでお知らせします。