• 参加登録について


参加登録を開始しました. こちらからどうぞ。 期限は5月31日までです。

▌参加費用

第62回物性若手夏の学校への申し込み費用は40,000円です。内訳は以下のとおりです。

・宿泊費[全日程]:35,000円
・参加費:3,500円
・懇談会費:1,500円


※原則として全日程にご参加ください。 一部日程での参加も可能ですが参加登録前に以下のメールアドレスにご連絡ください。どのような日程で参加されても申し込み費用は一律40,000円です(2017年5月2日訂正)参加費は3,500円です。
一部日程で参加の場合の宿泊費につきましては、連絡を頂き次第お伝えします。 連絡に際しては、件名を「一部日程希望」とし、氏名、希望日程、到着予定時刻、帰宅予定時刻、希望する食事(例:26日昼食〜28日夕食)を明記して下さい。
アドレスは画像化されております

▌ 旅費援助

 参加者の交通費負担額の格差を減らす目的で、遠隔地の学生を優先して旅費の一部を補助する予定です。財源には限りがありますので、学振特別研究員の方、所属研究室の援助が得られる方は、旅費補助を辞退していただくようお願い致します。

 旅費補助を希望される方には、下記の旅費補助条件に同意していただきます。ここでの旅費とは、"夏の学校会場までの往復交通費のみ"を指します(宿泊費の補助は致しません)。

1.夏の学校事務局以外の他所から、一切援助(旅費または宿泊費など)を受け取らないこと
2.指導教官に夏の学校への参加及び旅費補助申請の許可を得ること
3.夏の学校当日に指導教官の確認書を提出して頂くこと

《注意》
 夏の学校の規定により、旅費補助は他の機関からの補助(所属する研究室からの補助等、宿泊費、参加費の補助を含む)と重複して受け取る事は出来ません。つきましては、所属している研究室や研究機関から補助を受ける事が出来るか必ずご確認ください。万が一、レジスト後に他機関から補助を受ける事が決まった等の理由で当校からの補助を辞退される場合には必ず7月1日までに以下のアドレスまでご連絡ください。

info [at] cmpss.jp
(※[at]を@に変更してください。)

なお、それ以降の旅費補助申請の辞退に関しては、原則として受け付けられませんのでご了承ください。

《旅費補助額の計算方法》
 補助額は所属機関と会場の往復交通費から計算され、金額は"( 交通費 - 定額 ) × 定率" で算定します。交通費は所属機関(または出向先の機関)と会場との間を合理的な方法で往復するためにかかる費用で、夏の学校事務局が決定します。(交通費に関して:JRに関しては101km以上の場合には学割、601km以上の場合には往復割を適用した金額をもとに算出します。また、空路に関してはANAの旅割28を適用した金額をもとに算出します。)
例)往復の交通費が15,000円、定額5,000円、定率0.8の場合、(15,000-5,000) × 0.8=8,000円が旅費補助額になります。定率・定額はあくまで一例であり、これらは旅費補助を必要とされる人数と財源により変動しますので、現時点では正確な旅費補助額の算定は出来ません。
 交通費が定額以下となる地域から参加される方は、旅費補助を申請して頂いても旅費の支給はありませんのでご了承ください。
 財源には限りがありますので、学振特別研究員の方、所属研究室の援助が得られる方の旅費補助申請はご遠慮ください。

▌ポスター発表、分科会発表のアブストラクトについて

ポスター発表、分科会発表をされる方には事前にアブストラクトの提出をお願いしています。
詳細やテンプレートはこちら

▌スタッフ募集について

毎年、物性若手夏の学校準備局では参加者の中から来年度の運営スタッフを募集しています。
スタッフ募集について詳細はこちら

▌ご連絡

各企画において、スタッフが写真撮影を行う予定です。データの著作権は、第62回物性若手夏の学校準備局に属します。 撮影した写真の一部は、第62回物性夏の学校終了後、準備局の広報活動に使用させて頂きます。ご了承お願い致します。問題のある方はスタッフまでお申し付け下さい