第63回
物性若手夏の学校
Condensed Matter Physics Summer School
Catch the Wave!
2018年7月24日–28日 於 西浦温泉 龍城

グループセミナー

 グループセミナー (GS) とは、4人程度の学生が集まって1グループを作り、セミナー形式で自分の研究内容を発表し合う企画です。

 グループ編成のコンセプトは「分野横断型GS」。専門的な話が聴けるポスターセッションや分科会とは対照的に、異分野の研究の基礎的な話 (導入的な話) を聴けるという点が特徴です。また、話し手として、自分の研究をいかに異分野の人にわかりやすく説明するかもポイントになります。

 これは、様々な分野の学生が集まる物性若手夏の学校だからこそできる企画と言えるでしょう。接する機会の少ない他大学・他分野の学生と議論することで、参加者みなさんの世界が広がっていくことを期待しています。

発表について

 発表内容は、基本的には自分自身の研究分野についてです。専門の異なるメンバーでグループを組みます (グループ全員の専門が異なるとは限りません) ので、導入的な部分を重視した内容でお願いします。
 まだ研究内容が決まっていない場合は、現在興味をもって勉強していることや、論文の紹介等でも構いません!自分では「こんな簡単なこと、誰でも知ってるよ」と思うかも知れませんが、専門外の人にとっては新たな発見があったりするものです。専門的か一般的かということにはこだわらず、気軽に参加してくださいね。

 発表時間は1人あたり20–30分で、発表と質疑応答があります。GSの最大の特徴は、参加者同士の距離が近いという点であり、それが質問のしやすさにつながっています。

準備について

 レジュメを用意しましょう。あらかじめグループの人数分のレジュメを印刷し、それを配布するのがよいかと思います。パソコンを用いて映像などを見せつつ、ディスカッションを進めてもよいでしょう。その際、パソコンはご自身でご用意ください

参加について

 GSへの参加は強制ではありませんが、例年、夏学参加者のほぼ全員が参加しています。交友関係を広めるチャンスですので、ぜひ参加してみてください。(ちなみに、1日目の夕食はGSのメンバーで集まって食べることが多いです!)
 参加登録時に、みなさんの専門分野に関するキーワードを挙げてください。それをもとに、準備局でグループ分けを行います。

グループセミナーのイメージ画像です。