第63回
物性若手夏の学校
Condensed Matter Physics Summer School
Catch the Wave!
2018年7月24日–28日 於 西浦温泉 龍城

スタッフ募集

夏学準備局では、来年度の運営スタッフを募集しています!

 本準備局は、全国各地の有志の大学生・大学院生で構成されています
 準備局は、(前年度の) 夏の学校開催中に結成され、そこから約1年間、メンバーは、次年度の夏学へ向け、分担して準備を進めます。そして翌年度、夏の学校を開校し、その閉校をもって (その年度の) 準備局は解散、次の代の準備局に引き継がれます (右図)。このようなサイクルにより、夏学は受け継がれているのです

 準備局の仕事は、基本的に、スタッフ掲示板やメールなど、Web上のやり取りで進んでいきます。メンバーが直接顔を合わせるのは、春・秋の日本物理学会にあわせて開かれる、全体ミーティングの2回のみという、超オンライン型の組織です。

 このように、一風変わった体制の準備局ですが、1年間の運営業務を通して、スタッフの間には絆が生まれていきます。全国各地に、懸命に研究に取り組む仲間ができるということは、自分の研究を進める上でも大きな励みとなるはずです。

 このような運営体制は10年以上続いています。その間に、スタッフ業務に関するマニュアルが整備されてきたため、各役職の仕事は、想像より困難ではありません
 一方で、夏学の企画や運営体制は、まだまだ改善の余地があるかと思います。未来の夏学をより洗練し、そして次の世代へと引き継いでいくためには、あなたの協力が必要です……!

 >> スタッフの業務紹介はこちら! <<

夏の学校開催期間中の当日ボランティアも募集しています!

当日ボランティアとは?

 夏学開催中、当日ボランティアとして、準備局の仕事を補助してくださる方々を募集しています。参加者数が200人に迫る夏の学校において、その円滑な運営のためには、参加者みなさんの協力は欠かせないものとなっています。
 企画への参加の妨げにならないよう配慮した上で、以下のような簡単な仕事をお願いする予定です。(仕事の内容は変更になる可能性があります。ご了承ください。)

参加方法

 当日ボランティアとして協力してくださる方は、参加申し込みの段階で、項目にチェックをお願いします。登録していただいた方には、後日、メールにて仕事内容の詳細をご連絡いたします。