第63回
物性若手夏の学校
Condensed Matter Physics Summer School
Catch the Wave!
2018年7月24日–28日 於 西浦温泉 龍城

歴代講師一覧【第61回–第62回】

 講義・集中ゼミでは、毎年名だたる講師陣をお招きしています。

第62回 (於 岐阜県岐阜市 長良川温泉ホテルパーク)

【講義】
講師所属講義タイトル
小嶋 泉 ドレスト光子研究起点 顧問 マクロ化創発のパラドックス
小野瀬 佳文 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻相関基礎科学系 准教授 磁性体におけるトポロジー・対称性の破れによる異常電気磁気応答
川上 則雄 京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻 教授 強相関とトポロジー
田仲 由喜夫 名古屋大学大学院工学研究科応用物理学専攻 教授 アンドレーエフ束縛状態の物理
藤井 啓祐 東京大学大学院工学系研究科附属光量子科学研究センター 助教 量子コンピュータの基礎と物理との接点
藤森 淳 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 教授 光電子分光で見る強相関物質と超伝導体
【集中ゼミ1】
講師所属講義タイトル
宇田川 将文 学習院大学理学部物理学科 准教授 スピンアイスとスピン液体〜氷に隠れた無秩序と秩序〜
内田 健一 物質・材料研究機構磁性・スピントロニクス材料研究拠点スピンエネルギーグループ グループリーダー スピン流・熱流相互変換とスピントロニクスの展望
桑原 知剛 東北大学原子分子材料科学高等研究機構 助教 ハミルトニアンのLocalityを用いた非平衡量子系ダイナミクスに関する数学的な解析
中尾 裕則 高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所 准教授 共鳴X線散乱を用いた構造物性研究
前多 裕介 九州大学理学院研究科物理学部門 准教授 界面駆動の流動と輸送:生命を捉える非平衡力学
宮丸 文章 信州大学学術研究院理学系 准教授 電磁メタマテリアルの基礎とテラヘルツ領域での応用紹介
【集中ゼミ2】
講師所属講義タイトル
伊藤 創祐 北海道大学電子科学研究所附属社会創造数学研究センター 助教 ネットワーク上の情報熱力学と生体シグナル伝達への応用
幸坂 祐生 理化学研究所創発物性科学研究センター 上級研究員 走査トンネル分光イメージングによる物質科学
佐藤 純 東京大学先端科学技術研究センター 助教 ベーテ仮説入門
藤 貴夫 分子科学研究所 准教授 超短光パルスの測定法—基礎から最先端の研究まで—
森 初果 東京大学物性研究所 教授 「モノとヒト 多様性」〜強相関系有機導体 化学と物理から〜
森吉 千佳子 広島大学理学研究科 准教授 放射光回折でみる結晶構造のダイナミクス

第61回 (於 長野県下高井郡 シャレードイン志賀)

【講義】
講師所属講義タイトル
大谷 義近 東京大学物性研究所 教授 スピンホール効果—スピン流・電流変換に関わる諸現象—
押川 正毅 東京大学物性研究所 教授 対称性によって保護されたトポロジカル相
岸根 順一郎 放送大学 教授 物質科学のための群論入門:対称性原理から物性予測まで
津田 一郎 北海道大学大学院理学研究員数学部門 教授 心と脳のダイナミクス:数理科学的理解はどこまで進んだか?
中村 真 中央大学理工学部物理学科 教授 ゲージ・重力対応で探る非平衡統計物理学
松枝 宏明 仙台高等専門学校情報電子システム工学専攻 教授 テンソルネットワークと量子情報・可解性・重力の関わり
【集中ゼミ1】
講師所属講義タイトル
大関 真之 京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻 知的情報処理の統計力学〜機械学習を始めてみよう
佐々田 槙子 東京大学大学院数理科学研究科 ミクロとマクロの時間発展をつなぐ数学—流体力学極限—
鹿野 豊 分子科学研究所 量子動力学シミュレーション入門〜量子ウォークを例にして〜
鳥谷部 祥一 東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻 生命現象における非平衡揺らぎとその応用
西野 友年 神戸大学理学研究科物理学専攻 テンソルネットワーク形式と、その応用—イジングモデルを中心に—
山口 博則 大阪府立大学大学院理学系研究科物理科学専攻 量子スピン系のマテリアルデザイン
【集中ゼミ2】
講師所属講義タイトル
小手川 恒 神戸大学大学院理学研究科物理学専攻 マクロとミクロ測定から見る圧力誘起量子相転移
小林 徹也 東京大学生産技術研究所 増殖過程の統計物理的構造
阪野 塁 東京大学物性研究所 非平衡電流ゆらぎでみる量子ドットの量子多体効果
堀田 知佐 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 フラストレートした量子多体系
堀田 昌寛 東北大学理学部素粒子・宇宙理論グループ 量子多体系における量子もつれとエネルギーの関係性
松井 千尋 東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻 可解量子スピン鎖と場の理論:散乱行列から共形不変性まで
▲TOP